文字サイズを変更

笠岡第一病院

サブメニュー
診療日割り表
外来受付の流れ
小児科予約について
診療科・部門の紹介(本院)
入院について
附属施設
瀬戸ライフサポートセンター
住宅型有料老人ホーム
サイト内検索

診療科・部門の紹介

乳腺・甲状腺外科

乳癌検診について

乳腺・甲状腺外科外来からのお知らせ

現在女性の乳癌が年々増加する傾向にあります。その検診・精密検査用に診断装置を導入し、専門外来を行っています。装置は微小の石灰化や腫瘍描出が可能であり、特に、乳癌の早期発見に有用なものです。

~視診・触診に併用したマンモグラフィ(乳房専用レントゲン撮影)の有用性~
マンモグラフィ

日本では、毎年新たに35,000人の方が乳癌に罹ります。そして約9,000人の方が乳癌で死亡しています。これらは、25年前の3倍で、これから15年後には今の1.5倍になると予測されています。

乳癌検診の癌発見率は、マンモグラフィ併用検診が 0.17~0.35%、視触診のみが 0.06~0.08% で、マンモグラフィ併用検診は視触診のみに比べて約3倍の発見率があります。

視触診のみの検診で乳癌が1人発見されると、マンモグラフィ併用検診では3人発見されます。マンモグラフィ併用検診で新たに発見される2人は、 視触診では見つからない早期の乳癌ということになります。

今まで、乳癌検診は視診と触診を主体として行われてきましたが、触知出来ないような早期の乳癌診断には、マンモグラフィ併用検診が極めて有用です。

乳癌検診の診察日と診察時間

診察日 火曜 木曜
診察時間 午前9時 ~ 午前11時 午前9時 ~ 午前11時30分


検査は、簡単で安心して受けていただけます。
詳しくは、当院乳腺甲状腺外科外来まで
TEL.0865-67-0211



ページのトップへ戻る