文字サイズを変更

笠岡第一病院

サブメニュー
診療日割り表
外来受付の流れ
小児科予約について
診療科・部門の紹介(本院)
入院について
附属施設
瀬戸ライフサポートセンター
住宅型有料老人ホーム
サイト内検索

診療科・部門の紹介

血管外科

科の紹介

血管外科では、下肢閉塞性動脈硬化症下肢静脈瘤 を診療します。

低侵襲の血管内治療(カテーテル治療・血管内レーザー焼灼術)を積極的に取り入れております。

下記の症状に心当たりのある方、および血管外科に関することは当科にご相談ください。

 

 ・ 足の血管が浮き出る。

 ・ 治りにくい潰瘍ができる。

 ・ 間歇性跛行(一定時間歩くと痛みが強くなり、歩けなくなるが休むと痛みが引くことを頻繁に繰り返すこと)の

   症状がある

下肢閉塞性動脈硬化症 (カテーテル治療)

 下肢の血管が狭くなったり、閉塞することで症状が現れる病気です。痺れや冷感といった軽い症状から、下肢の壊死といた重症例に至る場合もあります。当科ではカテーテルを用いて動脈の詰まっているところを開通させる治療を行います。現在までに1500例の経験があります。心当たりのある方は是非当科にご相談ください。

カ テ ー テ ル 治 療 前 カ テ ー テ ル 治 療 後

左骨盤内の動脈に長い閉塞があり、左足趾に
壊疽が見られます。


カテーテル治療に成功し、壊疽が治癒しています。



下肢静脈瘤 (血管内レーザー焼灼術)

 足の血管に血液が逆流して血液が溜まり、血管が膨れて隆々と浮き出る病気です。だるさ や むくみ といった症状もよく見られます。逆流している静脈をレーザーで焼灼することで治療します。傷が少なくて身体に対する負担の少ない手術法です。現在まで500例の経験があります。心当たりのある方は是非当科にご相談ください。


レーザー治療機器 レーザー焼灼術前後の比較1 レーザー焼灼術前後の比較2


 【手術前】  【手術後】


 【手術前】  【手術後】

診療スタッフ

松前 大

 

診療部長

経歴
S54年 岡山大学医学部卒業

S54年 住友別子病院 外科

S56年 日立製作所下松病院 外科

S58年 岡山大学附属病院 第二外科

S62年 広島逓信病院 外科

S63年 Medical Center of Delaware, Divison

      of Cardiovascular surgery 

     (Wilmington DE, USA)

H02年 岡山市立市民病院 血管外科

H30年 笠岡第一病院 血管外科

専門医資格
日本脈管学会脈管専門医

日本血管外科学会認定血管内治療医(申請中)

下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医、指導医

日本外科学会専門医

ページのトップへ戻る