形成外科

診療内容

写真: 診療内容のイメージ

形成外科とは身体表層の外科です。

先天性あるいは後天性の外表に見られるあらゆる変形、異常、色の変化、すなわち醜状を対象とし、これを外科的手段により、正常な形に修復、再建し、患者様が機能面、形態面さらに精神面を含め満足な社会生活を送ることができるよう手助けすることを目的としています。

形成外科で取り扱う主な疾患

  • 新鮮熱傷
  • 顔面外傷、顔面骨骨折(鼻骨骨折など)
  • 口唇裂、口蓋裂、手足の先天異常、その他の体表先天異常(小耳症など)
  • 手足の外傷
  • 皮膚良性腫瘍(母斑、血管腫など)
  • 悪性腫瘍並びにそれらの再建(乳房再建など)
  • 瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド(きずあとの修正)
  • 褥瘡(床ずれ)、難治性潰瘍(糖尿病性、動脈性、静脈性など)

外来診療担当表

午前

受付 診療科
9:00

12:00
形成外科
※外傷・褥瘡対応
◆小坂 義樹
(完全予約制)
外傷・褥瘡対応
◆小坂 義樹
(完全予約制)
外傷・褥瘡対応
鈴木 良典

◆整形外科での受付となります。

午後 ※土曜休診

受付 診療科
2:00

5:00
形成外科 岡 博昭
(3:00~)
牟禮 理加
(3:00~)
鈴木 良典
(3:15~)